弱小決闘者の平々凡々MTG日記

そのままです。特に何の変哲もない、弱小決闘者の平々凡々な日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お久しぶりです&3000Hit記念、今回は「ドラゴンの迷路」プレリリースレポート

皆さん、お久しぶりですm(_ _)m

しばらくの間放置してしまい、申し訳ございません(;´Д`)


全くと言っていいほど、遊戯王に触っていなかったおかげで、記事にすることがほとんどなく、結局書かずじまいに終わる日々が続いていましたが、なんとなく覗くと3000Hit超えていたので、書いた次第です。

というわけで、今回は遊戯王・・・・ではなくMTGの方の記事になります。

本日発売の「ドラゴンの迷路」、のプレリリースに先日行ってきたので、そのレポートとさせていただきます。


今回、初めてのプレリリース参加&シールド戦ということで、色々と悪戦苦闘しながら(初めて行くお店だったので途中道を間違えたり、シールド戦のノウハウがなかったり)、挑んできましたが、とても楽しいひと時でした。



で、なんか「今回はいつもと違うプレリリース」らしく、ギルド(5色から2色を取る組み合わせ、系10組)を2つ選んでそのギルドのカードのパック各1パックと、「ドラゴンの迷路」4パック、合計6パックでデッキを作る、というものでした。

そして、それに並行して、すごろくゲーム(仮)も同時進行で行われました。
勝利すればコマが進み、最終的にゴールした順番で順位が決まる、というものでした。

そして、自分が選択したギルドは「イゼット(青赤)」と「ボロス(赤白)」でした。
ちなみにギルドを選択する際の縛りとして、「ドラゴンの迷路」の前の弾、「ラヴニカの回帰」と「ギルド門侵犯」でそれぞれ登場したギルドを選択しなければいけませんでした。

各弾とも5ギルド登場しており、また、色のどちらかを共有するギルドでないと選択できませんでした。


とりあえず、今回自分がめくったカードの一覧をどうぞ→こちら

で、自分が構築したデッキが→こちら


で、肝心の結果ですが、参加人数8名(少ないw)で、2勝1敗、迷路ゴールで「迷路走者」の称号を獲得(ドンドンパァフパァフ♫)


本当に楽しかったです、リミテッドはカード資産に差が出ないので、個人的に大好きです。
まあ、それなりにお金もかかるんですが・・・・(;´Д`)

とにかく、MTGは非常に面白いゲームです。

是非、今回のデッキについて「こうしたほうがいいよ」というアドバイスなどいただけたらな、と思います。

それでは失礼します、またの機会にm(_ _)m
  1. 2013/05/03(金) 17:51:45|
  2. MTG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MTG始めました!!

皆様、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

はい、題名の通りです。
全TCGの元祖、マジック:ザ・ギャザリング、略してMTGをプレイし始めました。

もちろん、完全新規参入です。

なので、今後はMTGについてのお話も、このブログでさせていただこうと思いますので、よろしくお願いしますm(_ _)m

まず、MTGとは、というお話を、初心者の自分なりに把握できたことを書いていこうと思います。

このブログを読まれて、「MTGやってみたいな」という方のために、今後も書き連ねて行こうと思います。
更新スピードは・・・・・ちょっとなんとも言えませんwww

というわけで、早速MTGのお話

MTGは本年で20周年を迎える、アメリカで生まれた世界初のTCGです。

恐らく、史上最もカードバランスが適正なカードゲームです、遊戯王みたいな、スパッと終わったりしません。
非常に高度なプレイングや思考、構築などが組み合わさって、一つのゲームを作り出します。

また、使えるカードの種類によって、フォーマットが複数あり、それぞれで様々なゲーム展開がなされています。

今日はそのフォーマットについて簡単に説明します。

フォーマットには
<<スタンダード>>
<<モダン>>
<<ブロック構築>>
<<レガシー>>
<<ヴィンテージ>>
<<ブースター・ドラフト>>
<<シールド>>

と大まかに分けて、7種もあります。また、これら以外にも存在し、それらを含めたフォーマットほぼ全てに多人数戦やその他含まれるので、ゲームのバリエーションは非常に豊かです。

まず、自分がプレイしている<<スタンダード>>について。
このフォーマットは過去2年に発売されたパックに収録されているカードのみを使用できるフォーマットです。
より具体的には、2つのブロックと1つの基本セット、という定義なのですが、遊戯王的に言うと、今は第8期なので、7と8期のパック(つまりデュエリストレボリューションから現在のコスモブレイザーまでのカード)と、汎用カードが収録されているパック(遊戯王にはないのですが、最も近いのはビギナーズエディションでしょうか?)のみでデッキを構築してゲームをするフォーマットです。
禁止・制限カードは無し。
環境がかなりのスピードで変化するフォーマットであり、最もプレイ人口が多いフォーマットでもあります。
MTGを始める方は、このフォーマットからがおすすめです。

次に<<モダン>>について。
大雑把に言うと、2003年の7月以降に発売されたパックに収録されているカードなら、何を使用してもいい、というエキスパンションです。MTGが始まったのが1993年なので、つまりはMTGのカードのおよそ半分以上のカードプールでデッキを組める、というフォーマットです。
制限カードはありませんが、禁止カードが設定されています。

続いて<<ブロック構築>>
これは先ほど説明した<<スタンダード>>より、狭いカードプールで行うフォーマットです。
完結したブロック(遊戯王でいうと現在は第8期ですが、まだ継続中なので、その前の7期、デュエリストレボリューションからギャラクティックオーバーロードまで)のカードのみを使用してデッキを構築するフォーマットになります。


そして次からは「エターナル」と呼ばれる中のフォーマットです。

まずは<<ヴィンテージ>>から。
これは、今まで出たカード全てが使えるフォーマット、つまり今の遊戯王そのままのルールでデッキを構築出来ます。
禁止カードは3枚のみ、その3枚もよほど凶悪なのかと思いきや、ただのアンティ関係のカード、それ以外は、どんなに鬼畜性能を持っていても、制限カードになっています。
恐らく、ガチでこのフォーマットのデッキを組もうとすると、最低でも20万円はかかると思います( ̄▽ ̄;)
また、市場価格1枚20~40万円するカードがMTGには存在しますが、大会限定でもなんでもなく、最初期のカードなのですが、実際にこのフォーマットのみですが、それも使用することができます。
また、1枚5~10万円がデッキに10枚、なんて当たり前、そんなフォーマットですwww
もちろん、1ターンキルも平気で横行するような、そんな環境です。

次に<<レガシー>>
カードプールは<<ヴィンテージ>>と全く同じですが、禁止カードが多数存在するので、ゲームの速度はそれより早くありません。
ただし、安定してお金はかかりますwww


続いて「リミテッド」と呼ばれるフォーマット。

まずは<<ブースター・ドラフト>>。
まず複数人(4~8人)集まって、1人3パック持ちます、そして、1パックずつ開けて、まずカードを1枚取ります。
そして、それを左隣の人に渡します。それを1パック分全て消化するまで続けます。次にもう1パック開けて、今度は逆に回します、3パック目はまた左に回します。そうして得たカードを使ってデッキを組んで、ゲームをする、というフォーマットです。

最後に<<シールド>>
1人6パック開けて、それでデッキを作ります。それだけです。


と、長々と書いてきましたが、実際はもう少しありますが、殆どは今書いたフォーマットで行われています。特に「リミテッド」のフォーマットはルールさえ分かっていれば、誰でもできるので、カードを持っていない方でも参加できます。
また<<スタンダード>>は非常に新規参入しやすいため、カードゲームをプレイしている人は、一度やってみるのもいいと思います。
このゲームのアドバンテージの概念はほかのカードゲームでも必ず通ずる箇所が少なからずあります。
自分もこのゲームを始めてから、様々なアドの概念が身につき、かなり遊戯王も上手くなりました。

というより、正直な話、MTGがいろいろ考えすぎて、遊戯王で殆ど考えなくても勝てる、ということが判明したので、そのせいかもしれませんwww



というわけで、こんな感じでMTG初心者の自分が、自分なりにMTGについての考察を今後も書いていく予定ですので、皆様、お楽しみ(?)に^^

それでは、失礼しますm(_ _)m
  1. 2013/02/07(木) 00:35:30|
  2. MTG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ

プロフィール

オリヒカ☆ミ

Author:オリヒカ☆ミ
MTG歴2ヶ月(2013/06/09現在)の超初心者です。
ドはまりしてしましました、大変ですw

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
遊戯王 (22)
大会結果 (16)
MTG (7)
etc. (0)

Total

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。