弱小決闘者の平々凡々MTG日記

そのままです。特に何の変哲もない、弱小決闘者の平々凡々な日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

征竜ツラタン゚(゚´Д`゚)゚

皆さん、おはようございます、こんにちは、こんばんはm(_ _)m


えーっとですね、ここ最近の環境についての考察をぱぱっとまとめていこうと思うのですが・・・・。

題名のとおりです、【カオスドラゴン】使うしか能がない自分としては、【征竜】の存在が尋常でないくらい辛いです。
なぜかって、カオドラが

墓地を除外して、手札から出す。
手札を墓地に送って、墓地から出す。

のに対して、征竜は

手札墓地を除外して、手札墓地から出す。
手札を捨てて、デッキから出す。

というのを基軸としています。


まず、双方の最初の項目を比べてみると、明らかに征竜のほうが優っています。
要するに、墓地を肥やさずとも、手札からリソースを投げていけば、ゴリ押しで展開することは可能だということ。
更に、一度展開したものが仮に壊滅させられても、墓地にさえ存在するのであれば、再び展開することが可能だということ。


そして二つ目の項目を比較した場合、まず第一に、「墓地に送る」と「捨てる」という絶対的な違いがあります。
つまりは、次元カード下に置いても、発動することが出来るということです。
そして、出てくる場所ですが、墓地とデッキという、明らかな差があります。


また、征竜(Lv.7)はそれぞれ、除外された時にデッキからそれに対応した属性のドラゴン族を手札に加えることのできる効果を持っており、それぞれのリソースが尽きることは、ほぼ無いと言えるでしょう。
このことも、2つのデッキの大きな差です。


そして征竜がLv.7なことも幸い(?)し、容易に「No.11 ビッグ・アイ」を召喚する事が可能であり、相手の切り札級のモンスターを奪うことも可能で、一度展開し、その場を処理されたあとの、返し手が、恐らく昨今の遊戯王史上で、最も強い部類に値する、つまり、返されたターンで相手のLPを0にする能力が非常に高い、ということです。


決定的な違いは、墓地肥やしをそこまでしなくても良い、ということ、つまり、速度がかなりの高速で始動できる、ということです。

環境的に、【魔導】という、比較的ゆっくりながらも、超絶的なアドバンテージを得るデッキが存在し、それをどのように攻略するか、という問題が今環境の頭にありましたが、その回答の一つとして、【征竜】が完成されつつあります。「闇のデッキ破壊ウイルス」を手早く発動できる点もかなり注目されていました。

ですが、環境として

①【魔導】が頭一つ飛び出てくる
②それに対抗して「闇のデッキ破壊ウイルス」が流行する
③よって、【魔導】の数が減り、【征竜】が流行する
④【魔導】が減ったので、「闇のデッキ破壊ウイルス」が減る
⑤すると再び【魔導】がゲームしやすくなる

というくり返しが、恐らく次の弾が発売される4月まで、繰り返されると自分は考えています。
ですが、それ以外の解答や、新たな戦術、対抗策が編み出されると、それらはすぐに瓦解し、新たな流行となります。

現に、【魔導】において、「魔導書の神判」で特殊召喚するのは、「魔導教士システィ」、ではなく「昇霊術師ジョウゲン」、という新たな戦術がここ最近で広まりつつあるようです。

こういった新しいものは、常に開発され、またそれに対しての戦術が開発される、という繰り返し、つまりメタゲームそのものが、遊戯王OCGの楽しみの一つではないかと思っています。


話が最初と最後で全く違う話になっていますが、今後も自分は【カオスドラゴン】を使用し続けますし、また、別のデッキを使用するかもしれません。
ですが、遊戯王を自ら辞める、ということはないです。
勿論、経済的、家庭的問題によって、辞めざるを得ない場合があるかもしれませんがヽ(´Д`;)ノ

自分は、こういうメタゲーム、という本質は嫌いではないみたいですし(・∀・)

ただ、結果論、大会では正直やりにくいです、勝てない、なんてことはないんですがね゚(゚´Д`゚)゚


というわけで、今回はこれまで、また後日お会いしましょうm(_ _)m
スポンサーサイト
  1. 2013/03/24(日) 05:32:11|
  2. 遊戯王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

新禁止制限(13/03/01より施行)について

そういえばこれやってなかったwww





というわけで、皆さん、おはようございます、こんにちは、こんばんはm(_ _)m

今回は、かなり遅いですが、先日より施行された禁止制限リストについての、個人的な考察を述べて行きたいと思います。

まずは、禁止制限の改訂された部分をピックアップしてみましょう。

<禁止>
発条空母ゼンマイティ
クリッター

<制限>
ゼンマイマジシャン
一時休戦
神の警告

<準制限>
月読命
ライオウ
高等儀式術

<制限解除>
スポーア
BF-月影のカルート
ライトロード・サモナー ルミナス
紫炎の狼煙
マインドクラッシュ


以上の通りです。
というわけで、まずは禁止カードから。

・「発条空母ゼンマイティ」
【ゼンマイ】を登場当初から持ち上げていたエクシーズモンスター。
エクシーズモンスター初の制限の後、この度、新たな称号<<初の禁止>>の称号まで得てしまいました。
前回制限後、海外新規の「ゼンマイシャーク」の来日により、ハンデスではなく、1ショットキルを狙えるデッキになってしまいました。
それを封じるための、今回の禁止化かと思われます。

・「クリッター」
遊戯王最初期に登場したこのカード、これまで何度か規制されつつも、復活し、長期間に渡ってプレイヤー達を助けてきたこのカードも、海外新規の「魔界発現世行きデスガイド」によって、多用され、ついに禁止化となりました。
自分自身、彼の力でゲームを何度勝ち抜いたか、覚えていません。今までありがとう゚(゚´Д`゚)゚


続いて、制限カードです。

・「ゼンマイマジシャン」
【ゼンマイ】の中核をになっていたカード、このカードと、デッキに5枚あるうちのどれかが初手にあると、勝ちまで持って行けた、そんな魔法のようなことをしでかしたこのカード、制限は妥当・・・・と言いたいんですが・・・。
正直「発条空母全マイティ」を禁止にしちゃった以上、正直あまり意味はない気がします、というか、ないですよね?ゼンマイ愛好家の皆さん、ご愁傷様です(´-人-`)チーン

・「一時休戦」
自分が最初にこのリストを見たときに「・・・・は?」と思わず言ってしまったカード。
実際はこの環境で相手に1枚あげるだけで1ターンもらえる超絶タイムアドバンテージを得るカード。
昔【ラヴァル】に入れてたときがあったので、それを思い出した瞬間、「・・・・あ、今はそんなんチートじゃん」というふうになり、妥当な判断かと思われる。
また【魔導】のことを考えると、規制して正解だった。
KONAMI、いい仕事するときはするね。(いつもしてないわけじゃないけどw)

・「神の警告」
昔から存在するカウンター罠の鬼「神の宣告」の調整(?)版カードもついに制限化。
ライフコストが明確になったのが、メリットともデメリットとも取れ、かなりの良調整されていたこのカード。
だが実際には、本家の「神の宣告」に止められない、『効果モンスター自身の効果による、チェーンに乗る特殊召喚』(「水精鱗 メガロアビス」、「魔導法師ジュノン」など)を無効にできるという、とんでもない利点があるため、今回制限化。
・・・といいつつも、「魔導書の神判」とかいう暴力的アドバンテージを発生させるカードを簡単に無効にできる数少ないカードだったため、規制によって【魔導】の勢いが留まらないのは、どうなんだろう。


続いて、準制限カード。

・「月読命」
前回長期に渡る禁止から解き放たれたスピリットモンスター。
このカードが全盛期の頃は、守備力1100未満はそれだけで採用が見送られることもあったレベルのこのカード。
現在はそれをする前に、ゲームが終わる高速化が進み、また、仮にゆっくりだとしても、召喚権を行使してまで使おう、とは誰も思わなかった様子。
いっそ、解除でもいいのでは、と思うのだが、ワンクッション置きたいのかしら?

・「ライオウ」
まず一言。
『なんで締めたんだ馬鹿やろおおおおおおおおおおおおおおおお』
・・・・すいません、取り乱しました(´Д`;)
個人的に大好きなカードだったこの一枚、なんで規制を掛けたのか、全く意味のわからない。
【魔導】や【征竜】に対して、ある程度の対策が出来るこのカードを先に締めるKONAMI、ということはもう「魔導使ってね?」と言ってるのと同義ではないのか!?
頼む、さっさと帰ってきてくれm(_ _)m

・「高等儀式術」
【デミスボンバー】とかいうとんでもないデッキで使用されていた闇属性万能儀式魔法。
現在はその「ダーク・ダイブ・ボンバー」が禁止になっているので、それを見越しての緩和か。
実際、現環境には儀式召喚をするデッキは皆無なため、実際、環境に対する影響はほぼ皆無です。


最後に制限解除カードですね。

・「スポーア」
ぶっちゃけ海外で活躍していた【植物天狗シンクロ】の時に巻き添えを食らって禁止までされたこのカード。
流石にKONAMIも気付いたのか、無制限に送り返されました。
お帰り、スポーア^^

・「BF-月影のカルート」
【BF】において、最も警戒すべきカード。
全盛期には「黒い旋風」と「BF-蒼炎のシュラ」でこれ持ってくる、という定番を形作った1枚。
現環境では、殆ど【BF】を見ない為、解除も妥当かと。
ですが、注意しておくべきカードだとは思います。

・「ライトロード・サモナー ルミナス」
【ライトロード】における、万能蘇生モンスター。
こいつが墓地と手札にあるだけで、墓地が10枚も肥やすことも出来たため、【ライトロード】全盛期における、序盤の基盤となっていましたが、現在は【ライトロード】の万能サーチカードの「光の援軍」や、序盤の火力をカバーしていた「オネスト」が制限なため、解除しても問題ないと判断されたか。

・「紫炎の狼煙」
【六武衆】においてのサーチカード。
先行「真六武衆-シエン」の登場率がこのカードで大きく変わります。
が、今はその「真六武衆-シエン」が制限なため、一度どうにかしてしまうと、そのまま流れていくため、解除されても、環境にあまり変化はありません。
ですが、これも「BF-月影のカルート」と同様、注意しておかなければならないと思います。

・「マインドクラッシュ」
遊戯王に数多く存在する相手の手札を捨てさせる効果、所謂ハンデスといえば、おうsh・・・・じゃなくてこのカード、と呼ばれるカードが、ついに制限解除。
KONAMI的にはサーチを抑制したいのだろうが、実際はあまり意味はない場合が多い、特に【魔導】や【征竜】に対しては・・・。
だって墓地もリソースになるんですもん゚(゚´Д`゚)゚
それでも、ある程度は対策になるので、まあ、嬉しいには嬉しい。



という感じです。非常に長ったらしくなってすいませんm(_ _)m
2回に分けようかと思ったんですが、枚数が少ないので一括で。


というわけで、今回はこれにて失礼します。

それではノシ
  1. 2013/03/11(月) 23:43:44|
  2. 遊戯王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2000Hit記念!!

はい、というわけで皆さんおはようございます、こんにちは、こんばんわm(_ _)m

前回記念記事から1ヶ月経過しております。

1000Hit/月、という数字がどうなのか、よくわかりませんが、皆さんありがとうございますm(_ _)m

今回の記念記事ですが・・・・・。








やっぱりネタはありませんwwww


熱出しながら記事書いてるせいなのかどうなのか、今回はそのせいにしておきます。

取り敢えず、今のカオドラのレシピでも載せておきましょうかね、なんとなくですが。

モンスター(32枚)
D.D.クロウ×3
増殖するG
ライトロード・ハンター ライコウ×3
カードガンナー×2
深淵の暗殺者
魔界発現世行きデスガイド×2
魔界発現世行きバス
エクリプス・ワイバーン
ライオウ×2
ライトロード・マジシャン ライラ
カオス・ソーサラー
ライトパルサー・ドラゴン×3
ダーク・アームド・ドラゴン
冥府の使者ゴーズ
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
トラゴエディア×2
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン
エフェクト・ヴェーラー×3
デブリ・ドラゴン×2

魔法(6枚)
大嵐
死者蘇生
光の援軍
サイクロン×3

罠(3枚)
ブレイクスルー・スキル×3

エクストラデッキ
オリエント・ドラゴン
C・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン×2
虚空海竜リヴァイエール
発条機雷ゼンマイン
No.17 リバイス・ドラゴン
No.20 蟻岩土ブリリアント
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
No.47 ナイトメア・シャーク
甲虫装機 エクサビートル
ガントレット・シューター
セイクリッド・トレミスM7
フォトン・ストリーク・バウンサー
迅雷の騎士ガイアドラグーン

サイドデッキ
バトルフェーダー×3
増殖するG×2
スカル・マイスター×2
ホワイト・ホーンズ・ドラゴン
月の書
オレイカルコスの結界
邪神の大災害×3
透破抜き×2


現在はこのようになっております。

そして、ここからはただの自慢話、このデッキ、全て日本語最高レアリティで統一して使用しております。(一部のエラーカード・ガシャパラは除く)

というわけで、緊急企画、このデッキの値段、調べまShow!!(ドンドンパァフパァフ♪)

はいというわけで、早速していきましょう、値段の決定は、オークション相場・・・・は調べるのが面倒なので、これまた「遊戯王カード検索」様に登録されている店舗最安値を参考にしたいと思います。

というわけで、それぞれのレアリティと値段、羅列してみましょう。(ただし、単一のみしか存在しない場合は省きます)



モンスター(32枚)
D.D.クロウ×3(DE01ウルトラ:250x3=750)
増殖するG(2280x3=6840)
ライトロード・ハンター ライコウ×3(DE02スーパー:500x3=1500)
カードガンナー×2(DP03ウルトラ:900x2=1800)
深淵の暗殺者(EE2レア:40)
魔界発現世行きデスガイド×2(2180x2=4360)
魔界発現世行きバス(15)
エクリプス・ワイバーン(30)
ライオウ×2(480x2=960)
ライトロード・マジシャン ライラ(LODTスーパー:450)
カオス・ソーサラー(GDB1ゴールド:70)
ライトパルサー・ドラゴン×3(180x3=540)
ダーク・アームド・ドラゴン(DE02ウルトラ:480)
冥府の使者ゴーズ(500)
カオス・ソルジャー -開闢の使者-(306レリーフ:3500)
トラゴエディア×2(VJMPウルトラ:680x2=1360)
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン(LE11ウルトラ:1100)
エフェクト・ヴェーラー×3(DREVスーパー:700x3=2100)
デブリ・ドラゴン×2(DE03スーパー:780x2=1460)

魔法(6枚)
大嵐(BE02ウルトラ:1500)
死者蘇生(BE01ウルトラ:1680)
光の援軍(EXP2レア:100)
サイクロン×3(BE01スーパー:2200x3=6600)

罠(3枚)
ブレイクスルー・スキル×3(630x3=1890)

エクストラデッキ
オリエント・ドラゴン(290)
C・ドラゴン(CSOCレア:70)
ブラック・ローズ・ドラゴン×2(CSOSホロ:780x2=1460)
虚空海竜リヴァイエール(GENFレリーフ:750)
発条機雷ゼンマイン(EP12レア:20)
No.17 リバイス・ドラゴン(GENFホロ:1280)
No.20 蟻岩土ブリリアント(PHSWレリーフ:180)
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム(735)
No.47 ナイトメア・シャーク(500)
甲虫装機 エクサビートル(ORCSレリーフ:150)
ガントレット・シューター(300)
セイクリッド・トレミスM7(DT14シク:1890)
フォトン・ストリーク・バウンサー(780)
迅雷の騎士ガイアドラグーン(1450)

サイドデッキ
バトルフェーダー×3(DE04スーパー:380x3=1140)
増殖するG×2
スカル・マイスター×2(80x3=240)
ホワイト・ホーンズ・ドラゴン(VJCウルトラ:100)
月の書(BE02スーパー:1000)
オレイカルコスの結界(380)
邪神の大災害×3(SDMスーパー:80x3=240)
透破抜き×2(980x2=1960)


はい、調べるの結構しんどいかったですwww
実に小一時間ヽ(´Д`;)ノ

さて、ここから合計していきましょう。

 メイン :¥35045
エクストラ:¥ 9855
 サイド :¥ 9620

という結果に、そして、すべての合計は・・・・。


¥54520なり~♪



うわぉwww

なお、最安で組むと¥30097らしいので、およそ1.8倍ですね。
まあ、実際はオークション等で落とせばもっと安くなりますし、近場の店でも安いものは存在すると思います。

自分もこんなにかけてはいませんし、実際、去年の8月段階にはこのデッキ、もっと高かったです、そりゃ、あの蟲を駆逐してた時代、未来融合、レダメ、皿が生きている時代には、トレミスやらアトゥムスやらが複数枚入ってたり、今より価値もついてましたから。

恐らく当時の値段だと軽く10万いってたと思います。

あ、これも自慢ですが、汎用カード(奈落の落とし穴とか)も全部最高レアリティで持ってるので、実際、どんなデッキ組んでも、デッキ殆ど光ります。

このデッキでも光ってないのは、「増殖するG」と「魔界発現世行きバス」だけですから。

ちなみに目標はガシャパラとか昔の公認大会の入賞者に与えられたノーパラとかも集めたいと思っています。

そして最終的には、海外版まで手を出して、最高レアリティに・・・・・と言いたいところなんですが、個人的に海外版は嫌いなんで、そこまで行くかは微妙ですwww


というわけで、今回はこれまで。

今後とも、よろしくお願いしますm(_ _)m
  1. 2013/03/09(土) 18:05:32|
  2. 遊戯王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大会結果(3/1(金)・2(土)分)

皆さん、おはようございます、こんにちは、こんばんわm(_ _)m

というわけで、今回は二日分の結果報告になります。

3/1(金)

1回戦:暗黒界 ○○
1戦目:メインクロウは伊達じゃない
2戦目:カオドラぶっぱ決め込んで勝ち

2回戦:魔導(YO氏) ×○×
1戦目:先行ライオウをジュノンで越えられ、神判グルグル
2戦目:ホワイトホーンズドラゴンとクロウぶち込みまくって相手の魔導書根こそぎ除外、3700の白角龍でボコって勝ち
3戦目:ジュノンビートオワタ

3回戦:炎星(4軸)(HO氏) ○○
1戦目:先行ライオウ、ユウシと天キ空撃ちから、ユウシ効果、にブレイクスルースキル、そしてウルフバークにクロウぶち込んでダムド出して終わり
2戦目:オーバースペック2連打で5アド取って、邪神の大災害決めてカオドラぶっぱ

結果3位、魔導に勝ちたかった゚(゚´Д`゚)゚


3/2(土)

1回戦:魔導(GO氏) ○×○
1戦目:先行ライオウするも、ジュノンで除去られる、が皿で除外して、セフェルにクロウぶち込んで勝ち
2戦目:早い段階でジュノン2体並ばれて負け
3戦目:ラメイソンの効果をクロウで使わせず、ビートして勝ち

2回戦:ヴェルズ ×○○
1戦目:オピオン除去れず負け
2戦目:相手がライコウ警戒してオピオン立たせず、そこに漬け込んでカオドラぶっぱ
3戦目:ケルキオンにクロウ、バハムートにヴェーラー決め込んでぶっぱ

3回戦:セイクリッド ××
1戦目:プレアデス2体並んで負け
2戦目:なにもしてません゚(゚´Д`゚)゚

結果2位でした。



なんか両日とも中途半端に負けるヽ(´Д`;)ノ
あと1歩足りない感じ、解答をはやく見つけたい。
ホワイトホーンズが魔導に対する解答として、非常にカオドラとマッチしているので、それは自分でも評価すべき点だと思います。
が、それ以外に対して、解答が薄すぎる、もしくは解答になってないので、それは今後の課題だと思います。

それは追々考えていくとして、メインD.D.クロウ3枚は自分の中では非常に気に入っています。メイン3枚は蟲全盛期以来です。
手札誘発大好きなので、とても遊戯王しやすいです。
あと、クリッターが抜けたのはかなり大きいです、当然ですが。
ただ、最近激流葬をあまりみないかなぁ、って自分で勝手に思ってるので、そこまで被害はないですね。

というわけで、適当な考察を述べつつ、今後は30マッチ目標にしていきたいと思います。

それでは皆さん、また後日ノシ
  1. 2013/03/02(土) 19:12:51|
  2. 大会結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

オリヒカ☆ミ

Author:オリヒカ☆ミ
MTG歴2ヶ月(2013/06/09現在)の超初心者です。
ドはまりしてしましました、大変ですw

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
遊戯王 (22)
大会結果 (16)
MTG (7)
etc. (0)

Total

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。