弱小決闘者の平々凡々MTG日記

そのままです。特に何の変哲もない、弱小決闘者の平々凡々な日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大会結果(12/21(金)分)

皆様、おはようございます、こんにちは、こんばんはm(_ _)m

今回は毎度お馴染み大会レポートです。

使用デッキは【カオド(ry

レシピは以前と同じままです。最近調整も何もしてない、大会は暇潰し、みたいな感じです(~_~;)

1回戦:暗黒界 ○××(HO氏)
1戦目:相手抹殺打ってきたのに手札交換しかしてなかったwww
2戦目:門、墓穴x2、暗黒界いっぱい、無理
3戦目:メタモルポット反転してごっそり並べられる、その後ひっくり返しかけるも、そこでスキドレ、無理

2回戦:インフェル二ティ ○×○(KA氏)
1戦目:相手事故って乙
2戦目:相手初手からチェイン4伏せトップデーモン、そしてそれ除去れず負け
3戦目:カオドラで瞬殺

3回戦:ヴェルズ ○××(ME氏)
1戦目:サンダバビート1発目にトラゴ、その後後ろ少なかったからブレイクスルーでオピオンをいなして展開して勝ち
2戦目:オピオンをどーしても超えれなくて負け
3戦目:魔デッキ打たれるも被害なし、その時の相手の伏せ1、場にカストル、こっちのハンド大嵐、ライパル、開闢、墓地にゾンキャリ、の状況でトップが「深淵の暗殺者」、この時、手札に入ってから魔デッキの処理に入るのか、それとも手札に加わる前に処理が入るのかでもめて、結果、入る前、ということに。そのせいでそのターンでオーガドラグーンと開闢並べず、返しに加えられてた「侵略の侵食崩壊」打たれ、それにオーガチェーン、そこにチェーンでヴェーラー振られて負け


ジャッジミスさえなければ勝っていたので、正直、手応えとしては【ヴェルズ】はカモという感覚、恐らくここまでヴェルズとやれるカオドラはそうそうないと思う(自称)。

大会結果は散々だけど、得るものが沢山あった一日でした^^

正直【暗黒界】の「スキルドレイン」の方が辛いので、そっちの対策をもっと考えないといけない。
メインから「ヴェルズ・カイトス」積むのも視野に入れとこうかな。


今日はTCSです。

主に九州の知り合いが多数参加してるので、結果が楽しみです。

というわけで、今日はここまでとさせていただきます。
それではまた後日ノシ
スポンサーサイト
  1. 2012/12/23(日) 08:31:44|
  2. 大会結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カオドラ理論教室 #4

皆様おはようございます、こんにちは、こんばんわm(_ _)m

今回は前回<<カオドラ理論教室#3>>の続きとなります、先にそちらをお読みください。

というわけで、前回に引き続きは罠カードについてです。

当初のレシピから「コスモブレイザー」での新規カード「ブレイクスルー・スキル」が登場し、現在そのカードを3枚投入している理由について、大会レポートの方で簡潔にまとめましたが、もう一度まとめておきます。

「ブレイクスルー・スキル」の利点は

・相手ターン中のどのタイミングでも発動できる(「エフェクト・ヴェーラー」は相手のMP中だけ)。
墓地にあれば自分ターン中ならどのタイミングでも消費なしで発動できる。

以上2点です。

具体的な使用例も大会レポートでまとめましたが、こちらももう一度。

・「エフェクト・ヴェーラー」と同じような使用方法
・墓地にあるときに、自ターンで発動するモンスター効果(「炎王神獣ガルドニクス」など)を無効に出来る。
・    〃   、永続効果モンスター(「ヴェルズ・オピオン」など)を無効に出来る。

以上です。

同類効果を持つ「禁じられた聖杯」はダメージステップでも発動できる、という利点がありますが、カードを1枚使ってしまうのと、相手ターンで使用するためには両カードともセットしなければいけないのですが、前回記事で「サイクロン」等を腐らせる為に罠が無いのに、それを使われてしまうリスクが大きく、「禁じられた聖杯」は打たせてしまえばそれまで、に引き換え、「ブレイクスルー・スキル」は墓地でも効果が使えるので、そのリスクに対する十分なリターンが見込めるためです。
また、「カード・ガンナー」などの効果、コストによって墓地に落ちた場合も使えるので、「禁じられた聖杯」を使用する意義はかなり薄いと考えられます。

そして、前回お話した「強制脱出装置」についてですが、現環境は非常にXYZモンスターが多様されており、その対策として十分に機能すること、また、フリーチェーンカードのため、EPに除去されない限り、いつでも1-1交換以上を取れるカードとなるからです。
仮にEPに除去されたとしても結果として1-1交換してるので問題は無いです・・・と言いたいところですが、実際相手の「サイクロン」などを腐らせる目的がこのデッキにはあるので、正直微妙です。


とりあえず、カオドラにおいての罠カードについてはこれでいいでしょうか。
サイドデッキのカードは書かなくても皆様お分かり頂けると思うので、割愛します、ご了承下さい。

質問等あれば、いつでもコメント欄にて受け付けておりますので、どうぞご自由にm(_ _)m
※誠に勝手ですが、お名前(HN可)が頂戴出来ない場合は回答を遠慮させて頂く場合がございます、ご了承下さい

それではこれにて失礼します。
次回は除外系カードの対策について書く予定です。
  1. 2012/12/19(水) 21:26:23|
  2. 遊戯王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大会結果(12/11(火)分)

皆様おはようございます、こんにちは、こんばんわ。

というわけで、久しぶりに大会のレポートです。
カオドラ理論講座は次回の更新時にします。

今回の使用デッキはもちろんカオドラ。ただ、かなりレシピを弄りました。それが以下のレシピ。

モンスター(33枚)
増殖するG×3枚
ライトロード・ハンター ライコウ×3枚
カードガンナー×2枚
クリッター
深淵の暗殺者(ナイト・アサシン)
魔界発現世行きデスガイド×2枚
魔界発現世行きバス
エクリプス・ワイバーン
BF-精鋭のゼピュロス
ライトロード・マジシャン ライラ
サイバー・ドラゴン
カオス・ソーサラー
ライトパルサー・ドラゴン×3枚
ダーク・アームド・ドラゴン
冥府の使者ゴーズ
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
トラゴエディア×2枚
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン
エフェクト・ヴェーラー×3枚
ゾンビキャリア
デブリ・ドラゴン×2枚

魔法(5枚)
大嵐
死者蘇生
光の援軍
サイクロン×2枚

罠(3枚)
ブレイクスルー・スキル×3枚

エクストラデッキ
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
オリエント・ドラゴン
C(チェーン)・ドラゴン
エンシェント・フェアリー・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
スクラップ・ドラゴン
煉獄龍 オーガ・ドラグーン
虚空海竜リヴァイエール
発条機雷ゼンマイン
No.20 蟻岩土ブリリアント
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
甲虫装機 エクサビートル
セイクリッド・トレミスM7
フォトン・ストリーク・バウンサー
迅雷の騎士ガイアドラグーン

サイドデッキ
D.D.クロウ×2枚
魂を削る死霊×2枚
異次元の女戦士×2枚
ブラック・ホール
サイクロン
砂塵の大竜巻×2枚
王宮のお触れ×3枚
透破抜き×2枚

面倒なので、「遊戯王カード検索」様より拝借m(_ _)m

とりあえず、結果の方を先に行きます。

1回戦:炎王 ○× ex○
1戦目:炎王なにそれ?あれ勝った
2戦目:急襲からガルドニクス様降臨、再降臨されて負け
3戦目:バロン・キリン両名をすっぱ抜く、がガルドニクス様が急襲、再降臨時に効果・・・・にチェーンして墓地からブレイクスルースキル、勝ち

ブレイクスルーマジ強い、後ほど解説

2回戦:魔導 ○○
1戦目:低級ビートしてたら勝った
2戦目:相手魔導下手、圧勝

出た時から魔導使ってる人にいつも教えてもらっていたので、正直なんの苦にもならなかった、いつもありがとうございますm(_ _)m

3回戦:不戦勝
なんで??

4回戦:水精鱗 ××
1戦目:相手初手ウンディーネから凡骨、グルグルどっかん
2戦目:(ry

相手持ってますわぁ・・・・(~_~;)

というわけで結果、準優勝、まあ、久しぶりにしては中々?

そして次、「ブレイクスルー・スキル」についての解説。
どんなカードかっていうと、知ってる人はもちろん知ってるんだろうけど、こんなの。

通常罠
相手フィールド上の効果モンスター1体を選択して発動できる。
選択した相手モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
また、墓地のこのカードをゲームから除外する事で、相手フィールド上の効果モンスター1体を選択し、その効果をターン終了時まで無効にする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できず、自分のターンにのみ発動できる。

まず、簡単に言うと、2行目までの効果は「エフェクト・ヴェーラー」の罠版そのもの。しかもBPだろうがSPだろうがいつでも使えちゃう。つまり、このデッキにはモンスター効果無効系が6枚入ってることになります。
なぜ「禁じられた聖杯」じゃないのか、その理由は3行目以降の効果。
完結に言うと、墓地にこのカードがあれば、自分のターンならいつでも消費無しで相手のモンスターの効果を無効にする、ってこと。

そう、聖杯なら落ちたらそこまで、でも、このカードは違う。墓地にある時こそ、真価を発揮します。
例えば、相手の「ヴェルズ・オピオン」、「ライオウ」、「インヴェルズ・ローチ」の効果を無効にして、安全に展開出来る。
次に、今回の大会レポートにもあるように、自分のターンに発動してくるモンスター効果を無効に出来る。
また更に「スターダスト・ドラゴン」に対して先打ちして、「ブラック・ローズ・ドラゴン」で場をリセット、なんてのも。

ともかく、どれをとってもカオドラと相性がいい!!

恐らくカオドラには必須になると踏んでます←

というわけで、今回はここまで、それではまた次回更新時にノシ
  1. 2012/12/16(日) 20:17:16|
  2. 大会結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カオドラ理論教室 #3

皆様、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

という訳で、第三回目となりました。

まずはじめに、CMがあります。
ついこの前にツイキャスにて構築についてのお話をしました。
結構細かい部分まで説明していますので、そちらの方もご覧になってください。以下リンクです。
<<ツイキャス:オリヒカのライブ履歴>>

そしてこの記事は前々回<<カオドラ理論教室 #1>>、前回<<カオドラ理論教室 #2>>の続きとなっておりますので、先にそちらのほうを読まれてから読むことをおすすめします。

前置きが長くなりましたが、本題に移ります。
前回までは長所についてお話してきましたが、今回は短所についてと、その克服方法についてです。

【短所1】罠カードが少ない
これについては#2の方で説明したとおりの理由で少なくなっています。罠が少ないのが果たして欠点なのか、というと、実際そうではありません。むしろ長所になったりします。
まず、相手のデッキのカードが3~4枚腐ります。「サイクロン」、「大嵐」等です。デッキの10分の1が機能しなくなるのは、それだけで十分です。
また、自分が「王宮のお触れ」を積むのに、躊躇しなくて良くなります。これが通ると、相手は「サイクロン」等を引くまでデッキの4分の1から3分の1程度のカードが腐る、ということです。
要するに、状況的に腐るカード、もしくは構築の段階で腐るカードを増やすことが出来ます。

また、展開された後(例:【ゼンマイ】が先行で動く)だと対応が追いつかないじゃないか、という話ですが、じゃあ実際、罠1枚でどうにかなる状況が果たしてどの程度あるでしょうか。
【ゼンマイ】に対するメタとして「つり天井」等が採用されていますが、それがエンドサイク、なんてされるのはザラです。わざわざ相手のデッキの「サイクロン」を腐らせるために罠が無いのに、負けないためだけに罠を積むのは、正直【カオスドラゴン】ではしたくありません。
サイドデッキの「王宮のお触れ」、「すっぱ抜き」に関しては、それ一枚で勝ちにつながる可能性があるため、採用できます。
お触れで相手の罠が封殺出来たら勝ち、すっぱ抜きで相手のトラゴーズ、ヴェーラーGが止めれば勝ち、などですね。
「つり天井」等は他の除去罠が一緒に伏せれて、初めて活かせるカードです。少なくとも【カオスドラゴン】ではあまり採用できません。ただ、よっぽど環境に【ゼンマイ】などの展開デッキがあるのであれば、それは一考の余地がありますが。

ただ、例外として、このデッキには採用されていませんが、「強制脱出装置」についてだけは採用しても構わないと思っています。
理由は、比較的容易に1-2交換が取れるカードだからです。理由は話すとキリがないので、本日21:30頃より、ツイキャスにて話したいと思います。
一応録画は残すので、あとからでも見れると思いますが、お時間ある方は是非いらしてください。

という訳で、今回は罠カードについてのお話でした。恐らくまだまだ続きますwww

それでは失礼しますm(_ _)m
  1. 2012/12/07(金) 18:39:55|
  2. 遊戯王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

オリヒカ☆ミ

Author:オリヒカ☆ミ
MTG歴2ヶ月(2013/06/09現在)の超初心者です。
ドはまりしてしましました、大変ですw

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
遊戯王 (22)
大会結果 (16)
MTG (7)
etc. (0)

Total

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。